時間割コード
Registration Code
5400034
科目区分
Course Category
研究科共通科目
Common Subjects
科目名 【日本語】
Course Title
基礎環境学講究1
科目名 【英語】
Course Title
Classes and Research Instruction in Basic Environmental Studies I
コースナンバリングコード
Course Numbering Code
ENV047001B
担当教員 【日本語】
Instructor
高野 雅夫 ○ 柿元 祐史 加藤 博和
担当教員 【英語】
Instructor
TAKANO Masao ○ KAKIMOTO Yuji KATO Hirokazu
単位数
Credits
2
開講期・開講時間帯
Term / Day / Period
通年集中(春秋) その他 その他
Full-year course Intensive(Sp-Fa) Other Other
対象学年
Year
1年
1
授業形態
Course style
演習
Lecture
専攻
Subject
研究科共通
Common Subjects


授業の目的 【日本語】
Goals of the Course(JPN)
持続可能な社会づくりのため、分野を横断して、さまざまなステークホルダーとともに環境問題の診断から治療までを行い、問題解決を行う新しい学問—臨床環境学—を提案・構築してきています。基礎環境学講究では、この臨床環境学を支える体系としての基礎環境学とは何かについて、教員・学生双方で意見を交換し、考えを深めていきます。具体的には、「持続可能な社会を展望する」と題して(1)持続可能な開発とは何かテキストを通じて学びます。(2) 臨床環境学とは何かテキストを通じて学びます。(3) 2015年に国連が採択したSDGs(持続可能な開発目標)の中から一つの目標を選び、自らの研究とのつながりについて発表します。SDGsのコンセプトを理解しその達成に貢献できる研究活動ができるようになることが目標です。DP2環境問題(地球規模課題)について、修得した知識をもとに深く思考し、果敢に取り組むことができる、DP3自らの専門領域に閉じない柔軟な英知を身につけ、環境にかかわる幅広い学問分野を自由に咀嚼する ことができるに対応。
授業の目的 【英語】
Goals of the Course
The aim of this seminar is to understand the concept and framework of Clinical Environmental Studies (CES) as a trans-disciplinary approach of the environmental studies. CES is a new way of research and social actions towards sustainable society, conducting diagnosis to treatment of environmental issues across the border of various disciplines in collaboration with stakeholders outside of research community, to solve the problems on the ground. The Classes and Research Instruction in Basic Environmental Studies (CBES) provides the students with the opportunity to deepen the understanding of CES, though the presentation, dialogue and discussion among students and teaching staffs.(1)The participants learn about the basic concept of sustainable development as well as its achievements and challenges through a textbook. (2) learning about the concept of clinical environmental studies (3) The participants have a chance of presentation on one of SDGs and the relationship with their own research subjects. The goal is to understand the concept of SDGs and to get an ability to progress the research contributing to the SDGs.
到達目標 【日本語】
Objectives of the Course(JPN)
SDGsのコンセプトを理解しその達成に貢献できる研究活動ができるようになることが目標です。
到達目標 【英語】
Objectives of the Course
The participants have a chance of presentation on one of SDGs and the relationship with their own research subjects.
授業の内容や構成
Course Content / Plan
月1回、1回1.5時間程度のセミナー形式とします(受講生と教員のスケジュール調整のうえ決定します)。
(1)渡邊他編『臨床環境学』名大出版会,2014年、第4章「臨床環境学の提唱と課題」を読み、臨床環境学の概念と方法論を学びます。
(2)持続可能な開発とSDGsに関する教科書を読み、持続可能な開発の概念、取り組みの歴史、到達点と課題について学びます。
(3)SDGsの17の目標のいずれかを選び、その内容を紹介するとともに、自身の研究とのつながりを考察して発表します。
授業時間以外にテキスト・文献の購読、発表の準備などが求められます。
基礎環境学講究の受講対象となる学生は、さまざまな学問分野において博士研究を行っています。自らの研究テーマが、さまざまな学問分野、そして国内外の具体的な環境問題とその解決に向けた実践活動とどのように結びついているか、理解を深めてもらいたいと考えています。

COVID-19感染状況に応じてオンライン(Zoom)で開催する場合があります。
1 seminars a month. 1 hour 30 minutes for each class. The schedule will be determined after consultation among students and teaching staffs.
(1) Reading a textbook of Clinical Environment Studies; Chapter 4 Proposing Clinical Environmental Studies and its challenges in "Clinical Environmental Studies" Watanabe et al. ed. Nagoya Univ. Publisher, 2014.
(2) Reading a textbook of sustainable development and SDGs.
(3) Presentation on one of SDGs and the relationship with participants' own research subjects.
It is required to take time to read textbook and related papers and to prepare the presentation.

Online seminar with Zoom will be hold following the situation of COVID-19 pandemic.
履修条件・関連する科目
Course Prerequisites and Related Courses
なし
nothing
成績評価の方法と基準
Course Evaluation Method and Criteria
発表と議論への貢献度で評価します。合格するにはSDGsのコンセプトを理解し、自分の研究がどのようにこれに貢献できるかを考えられるようになることが求められます。
The evaluation will be based on the quality of presentation and the contribution to the discussion in the class.
The students are required to understand the concept of SDGs and to progress own research with consideration of contribution to SDGs.
教科書
Textbook
渡邊他編『臨床環境学』、名古屋大学出版会、2014年4章・5章
John Blewitt “Understanding Sustainable Development”3rd edition, Routledge, 2018.
S. Watanabe et al ed. “Clinical Environmental Studies”, Chap 4 and 5.(English version is available.)
John Blewitt “Understanding Sustainable Development” 3^rd edition, Routledge, 2018.
参考書
Reference Book
特になし
none
課外学習等(授業時間外学習の指示)
Study Load(Self-directed Learning Outside Course Hours)
To prepare reports
To prepare reports
注意事項
Notice for Students
受講希望者はまず高野まで連絡ください。
masao@nagoya-u.jp
Please contact prof. TAKANO when your want to take this class.
masao@nagoya-u.jp
授業言語 (資料)
Language(s) for Materials
日英併記
Japanese and English
授業言語 (口頭)
Language(s) for Instruction & Discussion
日英両方
Japanese and English
英語の質問への対応
English Question
Available
授業開講形態等
Lecture format, etc.
対面授業
※履修登録後に授業形態等に変更がある場合には、NUCTの授業サイトで案内します。
In the class room
* If there is a change in the class form,etc. after registration, we will guide you on the NUCT class site.
遠隔授業(オンデマンド型)で行う場合の追加措置
Additional measures for remote class (on-demand class)