学部・大学院区分
Undergraduate / Graduate
学部
科目名 【日本語】
Course Title
大気水圏環境の科学
科目名 【英語】
Course Title
Science of Atmospheric-Hydrospehric Environment
使用言語
Language Used in the Course
日本語
担当教員 【日本語】
Instructor
坪木 和久 ○
担当教員 【英語】
Instructor
TSUBOKI Kazuhisa ○
単位数
Credits
2
開講期・開講時間帯
Term / Day / Period
Ⅲ 木曜日 1時限
III Thu 1


授業の目的 【日本語】
Goals of the Course [JPN]
大気水圏とは地球表層の大気や水が存在する領域、すなわち大気圏、海洋、陸面を指します。その科学とは、この広範な領域の構造やその変動、そこで生起する様々な現象の理解を目指すもので、地球環境科学やさらには自然災害科学の一部も含みます。本講義ではこれらのうちの特に大気圏で起こる現象や具体的問題に焦点を当てて、それらの構造やそのなかで起こる多様な現象の構造や水循環を理解することを目的とします。
授業の目的 【英語】
Goals of the Course [ENG]
Atmospheric-hydrosphere refers to the region of the Earth's surface where the atmosphere and water exist: the atmosphere, oceans, and land surface. The science of the atmosphere and hydrosphere is aimed at understanding the structure of this broad region, its changes, and the various phenomena that occur there, including Earth and environmental sciences, and some aspects of natural disaster science. In this lecture, we will focus on phenomena and specific problems in these areas, and aim to understand the structure of the atmosphere, the structure of the various phenomena that occur in the atmosphere, and the water cycle.
授業の達成目標 【日本語】
Objectives of the Course [JPN]
地球大気は、大気の運動と雲・降水の形成で特徴付けられ、これらに伴う水循環が地球の豊かな環境を形成する要因となっています。一方で豪雨や台風などは大きな災害をもたらすなど人間社会に大きな影響を与えます。また、現在進みつつある地球温暖化は大気中の現象そのものを変えつつあります。これらを理解することによって学生の皆さんが、地球の大気水圏環境の理解を深めるとともに、その変動に対応する基礎的な力を付けることを目標とします。
授業の達成目標 【英語】
Objectives of the Course [ENG]
The Earth's atmosphere is characterized by the atmospheric motion and the formation of clouds and precipitation. The water cycle is an essential factor in the formation of the Earth's rich environment. On the other hand, torrential rainfalls and typhoons have a great impact on human society by causing major disasters. In addition, the present global warming changes the phenomena in the atmosphere. The goal of this course is to help students deepen their understanding of the Earth's atmospheric and hydrospheric environment by understanding these phenomena, and to provide them with the basic skills to cope with these changes.
教科書
Textbook
必要に応じて授業で示します。
課外学修等
Study Load (Self-directed Learning Outside Course Hours)
必要に応じて授業で示します。
注意事項
Notice for Students
本授業に関するWebページ
Reference website for this Course
担当教員からのメッセージ
Message from the Instructor
実務経験のある教員等による授業科目(大学等における修学の支援に関する法律施行規則に基づくもの)
Courses taught by Instructors with practical experience
授業開講形態等
Lecture format, etc.
https://office.ilas.nagoya-u.ac.jp/2022-spring-course-time-table/