学部・大学院区分
Undergraduate / Graduate
学部
科目名 【日本語】
Course Title
原子・分子の科学
科目名 【英語】
Course Title
Science of Atoms and Molecules
使用言語
Language Used in the Course
日本語
担当教員 【日本語】
Instructor
清水 一憲 ○
担当教員 【英語】
Instructor
SHIMIZU Kazunori ○
単位数
Credits
2
開講期・開講時間帯
Term / Day / Period
Ⅲ 金曜日 3時限
III Fri 3


授業の目的 【日本語】
Goals of the Course [JPN]
原子と分子によって身の回りにあるすべての物質が作られています。天然に存在する元素はわずか94ですが、2つ以上の原子が結びついた分子は数千万以上知られています。分子は多様な構造を持ち、それぞれの構造に従って様々な性質や機能を示します。授業では原子と分子に関する基礎化学を取り上げ、続いて、東西交流、産業、戦争や公衆衛生など社会に大きく影響を与えた分子を取り上げます。身近な化学物質と人間社会の関係についての理解を深めることを目的とします。
授業の目的 【英語】
Goals of the Course [ENG]
Materials in our society are consisted of atoms and molecules. Although the number of elements in the nature is 94, a number of molecules that are produced by two or more atoms are known to be more than ten million. Molecules have various functions and properties structures depending on their molecular structures. In this class, we first focus on basic science of atoms and molecules. Then, we will learn to understand relationship between chemical materials and our society in terms of important role of those materials in East-West exchange, industry, war, and public health.
授業の達成目標 【日本語】
Objectives of the Course [JPN]
1.原子と分子の概念を理解できる。2.有機分子の構造を理解できる。3.化学物質と社会の関係を理解できる。4.化学工業、公衆衛生、医療における原子と分子の役割を理解できる。
授業の達成目標 【英語】
Objectives of the Course [ENG]
1. We learn the concept of atoms and molecules. 2. We learn structures of organic molecules. 3. We learn relationship between chemical materials and society. 4. We learn a role of atoms and molecules in chemical engineering, public health, and medical.
教科書
Textbook
教科書は指定しません。参考書をもとにした資料を配布します。
課外学修等
Study Load (Self-directed Learning Outside Course Hours)
授業に関連したレポートを課します
注意事項
Notice for Students
復習を行うこと
本授業に関するWebページ
Reference website for this Course
担当教員からのメッセージ
Message from the Instructor
主に有機化学に関連した話題を通じて、身の回りにある化学について興味を持ってもらいたいと考えています。
実務経験のある教員等による授業科目(大学等における修学の支援に関する法律施行規則に基づくもの)
Courses taught by Instructors with practical experience
授業開講形態等
Lecture format, etc.
https://office.ilas.nagoya-u.ac.jp/2022-spring-course-time-table/