学部・大学院区分
Undergraduate / Graduate
学部
科目名 【日本語】
Course Title
バイオテクノロジー
科目名 【英語】
Course Title
Biotechnology
使用言語
Language Used in the Course
日本語
担当教員 【日本語】
Instructor
上口 美弥子 ○ 上野山 賀久
担当教員 【英語】
Instructor
UEGUCHI Miyako ○ UENOYAMA Yoshihisa
単位数
Credits
2
開講期・開講時間帯
Term / Day / Period
Ⅲ 金曜日 3時限
III Fri 3


授業の目的 【日本語】
Goals of the Course [JPN]
本授業科目は,自然科学系分野の諸現象について,それらの諸現象を学際的,総合的に分析,把握する能力を育むとともに,他の学問分野との関連性について理解することが目的である。
 
授業の目的 【英語】
Goals of the Course [ENG]
This course provides students with the skills required to analyze and understand phenomena in the field of natural sciences in an interdisciplinary, comprehensive fashion that promotes an understanding of their relationships to other fields of study.
授業の達成目標 【日本語】
Objectives of the Course [JPN]
バイオテクノロジーは、生物がもつ多様な機能を開発し利用することによって、人の生活に役立てる技術を指す。本講義では、古典的発酵食品から現在の遺伝子組み換えを利用した技術までを学ぶとともに、その基本となる遺伝子工学、細胞工学、発生工学などの原理を理解する。
授業の達成目標 【英語】
Objectives of the Course [ENG]
The objectives of this course are to learn from the classic fermented foods to the new technologies such as genetic engineering and cell engineering. In addition, it provides an opportunity to consider issues such as social acceptance of biotechnology.
教科書
Textbook
毎回の講義で講義資料を配布する。
課外学修等
Study Load (Self-directed Learning Outside Course Hours)
各回の講義の復習
注意事項
Notice for Students
特になし
本授業に関するWebページ
Reference website for this Course
担当教員からのメッセージ
Message from the Instructor
高校で生物の履修がなくても理解しうるよう講義を工夫するが、出席者の方も、用語・配布プリントの復習などは積極的に行なっていただきたい。
実務経験のある教員等による授業科目(大学等における修学の支援に関する法律施行規則に基づくもの)
Courses taught by Instructors with practical experience
授業開講形態等
Lecture format, etc.
https://office.ilas.nagoya-u.ac.jp/2022-spring-course-time-table/