学部・大学院区分
Undergraduate / Graduate
学部
科目名 【日本語】
Course Title
地球惑星の科学
科目名 【英語】
Course Title
Science of the Earth and Planets
使用言語
Language Used in the Course
日本語
担当教員 【日本語】
Instructor
鷺谷 威 ○
担当教員 【英語】
Instructor
SAGIYA Takeshi ○
単位数
Credits
2
開講期・開講時間帯
Term / Day / Period
Ⅲ 金曜日 3時限
III Fri 3


授業の目的 【日本語】
Goals of the Course [JPN]
本授業科目は,自然科学系分野の諸現象について,それらの諸現象を学際的,総合的に分析,把握する能力を育むとともに,他の学問分野との関連性について理解することが目的である。
本授業では、我々の生活の依って立つ基盤である地球に対する理解、さらには地球および惑星を対象とする地球惑星科学という学問分野そのものに関する理解を深め、受講者それぞれが自分なりの地球惑星観を確立することを目指します。
授業の目的 【英語】
Goals of the Course [ENG]
The purpose of the courses is to raise capacity of the participants to analyze and grasp various natural phenomena through integration of multidisciplinary approaches. Also, it is aimed that participants better understand relationship among various scientific subjects.
This particular class is aimed at better understanding of the Earth, on which we live on, and the earth and planetary sciences themselves. Each participant is expected to establish his or her own view of the earth and planets through the study.
授業の達成目標 【日本語】
Objectives of the Course [JPN]
地球および惑星の成り立ち、構造、内部で起きる諸現象について理解する。
地球惑星科学が発展してきた経緯を理解し、科学史的な観点で現在の知見を捉え直す。
授業の達成目標 【英語】
Objectives of the Course [ENG]
Students understand the formation, strucutre, and various internal phenomena of the earth and planets.
Students understand the developing history of the earth and planetary sciences and recapture the current knowledge from the perspective of history of science.
教科書
Textbook
必要に応じて授業で示す。
課外学修等
Study Load (Self-directed Learning Outside Course Hours)
毎回、講義内容について簡単なレポートを課します。講義終了後にNUCTで提出して下さい。
さらに、学期末レポートとして、講義内容に関連する書籍を1冊読み書評を書いてもらいます。
注意事項
Notice for Students
本授業に関するWebページ
Reference website for this Course
担当教員からのメッセージ
Message from the Instructor
実務経験のある教員等による授業科目(大学等における修学の支援に関する法律施行規則に基づくもの)
Courses taught by Instructors with practical experience
授業開講形態等
Lecture format, etc.
https://office.ilas.nagoya-u.ac.jp/2022-spring-course-time-table/