学部・大学院区分
Undergraduate / Graduate
経済学部
時間割コード
Registration Code
0404105
科目区分
Course Category
経済学科関連専門科目・経営学科専門科目
科目名 【日本語】
Course Title
国際会計
科目名 【英語】
Course Title
International Accounting
コースナンバリングコード
Course Numbering Code
担当教員 【日本語】
Instructor
向 伊知郎 ○
担当教員 【英語】
Instructor
MUKAI Ichiro ○
担当教員所属【日本語】
instructor's belongs
愛知学院大学経営学部
担当教員所属【英語】
instructor's belongs
Aichi Gakuin University
単位数
Credits
2
配当年次
dividend Yearly
3・4年
開講期・開講時間帯
Term / Day / Period
春 木曜日 1時限
Spring Thu 1
授業形態
Course style
講義
Lecture


授業の目的 【日本語】
Goals of the Course(JPN)
この授業では、グローバル企業の多くが採用している国際財務報告基準(IFRS)の内容および日本の会計基準との相違について学びながら、IFRSの適用が財務情報に及ぼす影響について学びます。
授業の目的 【英語】
Goals of the Course
The aim of this course is to help students acquire an understanding of the International Financial Reporting Standards (IFRS) and the effect of applying IFRS on firm’s financial information.
到達目標 【日本語】
Objectives of the Course(JPN)
IFRSと日本の会計基準の相違についての知識、およびグローバル企業の比較財務諸表分析を行う能力を身につけることができる。
授業の内容や構成
Course Content / Plan
1 イントロダクション~会計基準の国際的収斂への動向 (1) ~
Introduction: International Convergence of Accounting Standards (1)
2 会計基準の国際的収斂への動向 (2)
International Convergence of Accounting Standards (2)
3 IFRSの基礎的特徴 (1)
Conceptual Framework for Standard-Setting (1)
4 IFRSの基礎的特徴 (2)
Conceptual Framework for Standard-Setting (2)
5 収益認識の会計 (1)
Revenue Recognition (1)
6 収益認識の会計 (2)
Revenue Recognition (2)
7 金融商品の会計 (1)
Financial Instruments (1)
8 金融商品の会計 (2)
Financial Instruments (2)
9 固定資産の会計
Long-term Assets
10 リース取引の会計 (1)
Lease (1)
11 リース取引の会計 (2)
Lease (2)
12 減損の会計・企業結合の会計 (1)
Impairment of Assets & Business Combinations (1)
13 企業結合の会計 (2)・連結財務諸表の会計
Business Combinations (2) & Consolidated Financial Statements
14 のれんの会計
Goodwill
15 まとめと評価
Summary and Course Evaluation
履修条件・関連する科目
Course Prerequisites and Related Courses
会計に関する基礎知識を有していることが推奨されます。会計学関連科目の履修が望ましいですが、未履修でも受講可能になります。
It is recommended that students have basic knowledge of accounting.

It is recommended that students have basic knowledge of accounting.
This course will be taught in Japanese.
成績評価の方法と基準
Course Evaluation Method and Criteria
・期末試験(70%)、リポート(30%) で評価する。
・IFRS設定の意義、その特徴および財務情報への影響について適切に説明できることを合格の基準とする。
・履修取り下げ制度は採用しない。
・Grading will be decided based on the total score of Final Exam (70%) and Paper & Quiz (30%). Each passing requirement is "C" rating or higher.
・Grading criterion are to be able to explain the significance of IFRS, its features compared to Japan’s accounting standards, and its impact on financial information.
教科書・参考書
Textbook/Reference Book
(教科書・Text Book)向伊知郎 (2019)『ベーシック国際会計』中央経済社。
(参考書・Reference Book)IASB. (2021) IFRS. IASB. (『IFRS基準』中央経済社。)
課外学習等(授業時間外学習の指示)
Study Load(Self-directed Learning Outside Course Hours)
毎回の授業前に講義資料(http://star.gmobb.jp/mukai_i/index.html)および教科書各章を読んでおくこと
The students are expected to read the text and the assigned materials before a class. Materials can be downloaded from the website: http://star.gmobb.jp/mukai_i/index.html.
注意事項
Notice for Students
この授業は日本語で提供されます。
This course will be taught in Japanese.
授業開講形態等
Lecture format, etc.
教育レベルが1以下の場合、原則として対⾯授業とする。ただし、対⾯授業を希望しない学生には遠隔(同時双⽅向型またはオンデマンド型)でも受講できるよう、「対面・遠隔(同時双⽅向型またはオンデマンド型)の併⽤」とする。遠隔はNUCT等で行う。なお、オンデマンド型の場合、教員への質問および授業に関する受講学⽣間の意⾒交換は、NUCT機能「メッセージ」により⾏うこと。
※履修登録後(本通知以後)に授業形態等に変更がある場合には、NUCTの授業サイトで案内します。
遠隔授業(オンデマンド型)で行う場合の追加措置
Additional measures for remote class (on-demand class)