学部・大学院区分
Undergraduate / Graduate
経済学部
時間割コード
Registration Code
0404260
科目区分
Course Category
経営学科専門科目
科目名 【日本語】
Course Title
経営情報特論
科目名 【英語】
Course Title
Advanced Course of Management Information
コースナンバリングコード
Course Numbering Code
担当教員 【日本語】
Instructor
樋野 励 ○
担当教員 【英語】
Instructor
HINO Rei ○
担当教員所属【日本語】
instructor's belongs
大学院経済学研究科
担当教員所属【英語】
instructor's belongs
Graduate School of Economics
単位数
Credits
2
配当年次
dividend Yearly
3・4年
開講期・開講時間帯
Term / Day / Period
春 木曜日 5時限
Spring Thu 5
授業形態
Course style
講義
Lecture


授業の目的 【日本語】
Goals of the Course(JPN)
経営活動を行う上で、情報の入手と活用方法について学ぶ。本授業では、複数の代替案が存在する課題について、状況と目的にあわせた意思決定手法を数理的な視点から習得することで、自主的探究心の育成を行う。
授業の目的 【英語】
Goals of the Course
This course deals with the acquisition and the application in order to enhance applicable ability for management on the production. The method based on the mathematical approach and their applications are introduced in order to choose one of solutions for production management.
到達目標 【日本語】
Objectives of the Course(JPN)
・最適化問題の構成要件と解法をわかりやすく説明できる
授業の内容や構成
Course Content / Plan
1. Information and the role on production management: 経営活動と情報の役割
2. Decision making and mathematical programming: 意思決定と数理計画法
3. Linear programming(1): 線形計画法(1)
4. Linear programming(2): 線形計画法(2)
5. Linear programming(3): 線形計画法(3)
6. An application of linear programming(1): 線計画法の応用(1)
7. An application of linear programming(2): 線計画法の応用(2)
8. Mixed integer programming(1): 混合整数線形計画法(1)
9. Mixed integer programming(2): 混合整数線形計画法(2)
10. Optimization solvers(1): 最適化ソルバー(1)
11. Optimization solvers(2): 最適化ソルバー(2)
12. task assignments:仕事割付問題
13. shortest path problem and process planning:最短経路問題と工程計画
14. scheduling problem:ジョブショップスケジューリング
15. Summary:総括
履修条件・関連する科目
Course Prerequisites and Related Courses
線形代数の基礎を理解していることが望ましい。
成績評価の方法と基準
Course Evaluation Method and Criteria
・レポート(85%)、出席(15%)で評価する。なお、履修取り下げ制度を採用しない。レポートの提出が
半分に満たない場合は「欠席」とする。
教科書・参考書
Textbook/Reference Book
教材用の資料を配布し、授業の進捗に応じて参考書を紹介する。
課外学習等(授業時間外学習の指示)
Study Load(Self-directed Learning Outside Course Hours)
授業後の復習を毎回行うこと。
注意事項
Notice for Students
授業開講形態等
Lecture format, etc.
教育レベルが1以下の場合、原則として対⾯授業とする。ただし、対⾯授業を希望しない学生には遠隔(同時双⽅向型またはオンデマンド型)でも受講できるよう、「対面・遠隔(同時双⽅向型またはオンデマンド型)の併⽤」とする。遠隔はNUCT等で行う。なお、オンデマンド型の場合、教員への質問および授業に関する受講学⽣間の意⾒交換は、NUCT機能「メッセージ」により⾏うこと。
遠隔授業(オンデマンド型)で行う場合の追加措置
Additional measures for remote class (on-demand class)